退職してフリーランスになるときの健康保険の手続き

subpage01

今まで会社勤めをしていた人がフリーランスとして働くことになる場合、会社で加入していた健康保険は国民健康保険に加入することとなり、年金は国民年金となります。

国民健康保険と国民年金の申請手続きについては、住んでいる場所の役所の管轄になりますので、必要書類を持って手続きを行いましょう。
都市部の場合は駅前などの出張所でも申請が可能な場合が多いです。

フリーランス情報もきっとあるはずです。

会社を退職する段階の健康保険の切り替えについては、前の職場を辞める際に半年間の継続の手続きができる場合がありますので確認しておきましょう。



社会保険の事業所ならば、退職者が次の勤務先が決まっていない場合、継続を依頼された場合6か月の社会保険継続をする必要があります。
国民健康保険と国民年金を自分で負担するとなると10割負担になりますが、事業所が社保完備ですと5割負担になります。

あなたにぴったりの@niftyニュースに関しての関心度が高まっています。

つまり半額を個人が負担し、半額を事業所が負担するので、継続手続きをしておくと個人の負担が軽減されるため、自分がこの場合に該当するかどうか一度調べてみるのがおすすめです。

国民健康保険に加入すると、毎月の保険料は銀行口座の引き落としなどで支払いますが、前年の所得の規模に応じて金額が変わる仕組みになっていますのでフリーランスになった最初の年は要注意です。最初の年は会社勤めの頃の収入を元に計算された保険料を支払うことになりますので、フリーランスで収入が安定しないうちは支払いが大きな負担となってしまう可能性もあります。

関連情報

subpage02

フリーランスは自分で仕事を見つけるために難しいように感じますが、実際には気軽に始めることができる仕事です。インターネットを通してテーマーに沿って記事を書くだけで収入をもらうことができるため、インターネットの環境がある人なら誰でも始めることが可能です。...

NEXT

おすすめ情報

subpage03

フリーランスと言うことばは最近、聞き始めましたが本当の意味を知っている人は少ないでしょう。会社員の場合には企業と雇用契約を結んでおり、派遣社員は派遣会社と雇用契約をしています。...

NEXT

難しくないビジネス

subpage04

会社勤めをしている人が社会保険という言葉を意識することは年末調整のときぐらいです。年末調整とは年の終わりにその年の正しい所得税を計算して調整することですが、年末調整では社会保険も関係してきます。...

NEXT

対策方法

subpage04

世の中には、フリーランスに向いている職業と、そうでない職業があります。例えば、デザイナーやプログラマーなどの一定のスキルが必要な職業は、フリーランスに向いています。...

NEXT